グローブ・キャッチャーミット全体のヒモを交換しよう!!グリス交換やイメチェンにも!!

グローブ
★球ちゃん★
★球ちゃん★

みんな―ーー野球やってるぅぅ??今回もみんなのために役立つ情報を届けるよ(/・ω・)/

 

こんにちは!!

今回はキャッチャーミットのオールレース交換をしましたので紹介します。

全体の紐交換をすることによるメリットがありましたのでそれもお伝えしておきますね( ・∇・)

もちろんミットだけではなくグラブにもオススメの加工です(*^-^*)

ただヒモ交換をするだけではもったいない!!!!

ついでに質もアップしちゃいましょう( `ー´)ノ

 

 

▲大注目9toolグローブ・ミット捕球面パッド

ヒモ交換をするために全体のヒモをバラしていこう!!

 

 

まずは紐交換をするにあたりもともとついていたヒモは全て取り外します!

 

ミットの場合ヒモを外すと画像のように本体で3枚と、ウェブ1枚にバラす事ができます。

キャッチャーミットは完全にパーツを別々にバラすことができますので内部までしっかりメンテナンスできます!!

ハサミやニッパーでヒモをバラしていきます。

本体を傷付けないように慎重に作業していきます。

 

野球グラブのお手入れ方法は?オイルの塗り方や頻度を伝授します
今年の梅雨はあんまり雨降らないみたいですねー 知ってます?野球ショップの週末は雨だとお客さんがグッとふえるんですよ。 しかも雨が降るタイミングと止むタイミングがマッチすればさらに来...

↑↑グラブメンテナンスは超重要!!

 

 

全体のヒモをバラしたらグリスを補充しよう!!

 

 

ここから元どおりヒモを組んでいくのですが、捕球面のグリス(接着剤)がなくなっています。

 

グラブやミットは工場で作成される際、必ずこの接着効果のあるグリスが捕球面内部に塗られます。

それにより表と裏の皮がピタッと張り付き捕球面に程よい『ハリ』『クッション感』が生まれます。 革用接着剤のようにガチガチに固めて貼り付けるものとは違い、ベタッとした柔らかさのある素材を使っていますので固まりすぎないように接着します!

 

1年から2年ほど使用しているとこのグリスも接着力がなくなり表革と裏革が離れてしまうため『パスっ』というなんとも心地の悪い捕球感になってしまいます。

グリスを両面にたっぷり補充してあげました!

捕球音、ハリ、コシが蘇ります!

ヒモ交換をする際は必ずこのグリス補充をするようにしましょう(ショップに依頼する場合も念のため伝えておくと安心です)

[ad]

野球工房職人が教えるオススメグローブメーカー3選。グローブのメーカーって結局どこがいいの?
こんにちは。 みなさ~ん!!野球やってますかー??? 僕は全然してません・・・(はっ?) 実は最近お仕事の方が本気で忙しくて野球が全くできてません!!!どうにかしてくれ!!! ...

↑↑グラブ選びに役立つオススメブランドを紹介!!

ミットやグローブのヒモを交換するとほかにもこんなメリットが!!

 

 

また緩くなっていたり、使用していく中でフニャフニャになってしまっているヒモを新しいカチッとしたものに交換するためミット全体が引き締まります!!

 

型崩れしているグラブやミット、ヘタってしまっているものなどに有効な加工なんです。

 

新しいブラックのヒモがついてイメージも変わりました!!ヒモのカラーを変えるだけでイメチェンできますよ!!

人間と同じで、黒髪から茶髪にイメチェンするみたいな感じ・・・?

 

軟式グローブは硬式野球で使える?ルールは大丈夫?バレない?
こんにちはペタスです(/・ω・)/ 今回はよくお客様から聞かれる質問に答えようと思います!! ズバリ『軟式野球グローブは硬式野球で使えるの?』です!! そして結論から言います...

↑↑気になる話題を記事にしてみました!!

野球グローブを買ったら型付けをしよう!!湯もみ加工・スチーム加工の違いを紹介!!
こんにちは!! 新しいグラブを買った場合、型付けをしますよね? みなさんは型付けに種類があるのをご存知ですか? 『スチーム加工』『湯もみ加工』など耳にすることがあると思いますが、一体どんな...

↑↑グラブ型付けの重要性を考えてみよう!!

ミットのヒモ通しが完成!!

 

 

さて、ヒモ通し中です。

最近修理加工を毎日バタバタとこなしているため手荒れがしてきて指先もヒリヒリしてます(T_T)

さすが本革!! 強いです!!

僕のように毎日グラブやミットを修理や加工しているとヒモ通しの順番や流れも分かりますが、自分でヒモ交換にチャレンジする場合は解きながら同じところを通るように交換していけば間違いなく進めていく事ができます。

さて、ようやく完成しました!!!!

 

そしてグリス補充により捕球面の質感もアップしています!!!!

バシっ!!!!っといい音がしそうなポケットに仕上がりました!!!!

さいごに

今回はキャッチャーミットの全ヒモ交換を紹介しました。

ヒモの交換で様々なメリットがありましたので参考にしてみてください(/・ω・)/

毎日ハードな環境で使用されるグラブやミット。

しっかりメンテナンスしてあげましょう!!!!

9toolオリジナルサークル型キーホルダー
9toolグローブ捕球面パッド