野球工房職人が教えるオススメグローブメーカー3選。グローブのメーカーって結局どこがいいの?

ソフトボール
スポンサーリンク

こんにちは。

みなさ~ん!!野球やってますかー???
僕は全然してません・・・(はっ?)

 

実は最近お仕事の方が本気で忙しくて野球が全くできてません!!!どうにかしてくれ!!!
このままプレーヤー引退して監督業に回ろうかなぁ~
あ~無理かぁ~

 

でもでも!!毎日たくさんのグラブに囲まれている僕ですから、当然皆さんよりグラブに関する知識は高いはずです(震声)

今回は自信をもってお勧めできるグラブメーカーを3を社大公開しちゃいます。
これから買い替えなどを考えているプレーヤーの皆さん、お子さんへグラブ買い替えを検討しているお父さんお母さん!!
ぜひ参考にしていただけると嬉しいです(*’▽’)

スポンサーリンク

はじめに

 

 

みなさん野球やソフトボールグラブを買うときどういう基準で選んでますか?

少年少女たちはお父さんが決めたもの。

中学生の選手は欲しいもをお父さんお母さんに相談。

高校生は『絶対これ!譲れない!』ってかんじかな?

好きなメーカーや好きな色形などグラブを選ぶ基準はいっぱいありますよね(*^^)v

正直な話、自分はコレ欲しい!!!!ってピンとくるときってデザインで見てるかも・・・

 

僕は自分の職人型付けでどうにでもできるしぃ~( ^)o(^ )~

 

野球ショップやスポーツ店に行って各社から発売されている様々なシリーズのグラブの特徴をひとつずつ確認しながら選んでいては、10日間くらい毎日来るちょっと変な人状態になっちゃうくらい迷ってしまします。

僕が言うことが100%正しいかは分かりません(好みもあるし・・)

でも少しでも参考にしていただけたらと思い発信します( ^)o(^ )

野球人の鉄板ミズノプロ

 

 

ミズノが販売している誰もが知る名作といえばこの『ミズノプロ』ですよね。

ミズノのグラブの中でも最上級の品質を誇るまさに上級者モデルのグラブです(*^^)v

特徴はやはり『レザーのしなやかさ』『軽量感』『癖のない型』と感じます。

実はひと昔まえのミズノプロって重たいってよく言われてたんですよ!!

でも今では重いグラブは選びませんよね?

ミズノプロのグラブは軽量の中にあるボリューム感が魅力です。

しなやかで張りコシのあるレザーはしっとりと手になじみかつ、癖のない型で確実にキャッチングできます。

ポケット位置は各ポジションで設定されてますが、やはりはめた第一印象が一番気持ちいいのはミズノプロかなぁと思います。

(※僕がミズノプログラブ愛用者なだけに少しひいきしてます)

たぶん高校野球の使用率は一番じゃないかな?

ぜひチェックを!!

守備職人久保田スラッガー

 

 

この久保田スラッガーも大人気のブランドです。

使ってる選手は内野手が多いイメージですよね(^^)v

久保田スラッガーはシリーズによるランク付けがなく価格もわかりやすいからとても選びやすいです。

そしてプロ野球選手や甲子園に出場する選手の中にも愛用者が多いんです。

特徴はやはり何といっても『アテドリ』

プロの選手や、高校野球の第一線でプレーしている方のスラッガーのグラブを見ると、ほんと『面』『捕球面が面』って感じでかなりポケット設定は浅いです。

これは久保田スラッガー発祥のまさにアテドリグラブ。

捕球から送球動作の中でほぼグラブを閉じない。

ゴロ捕球の瞬間くらいにはもうボールを抜く感覚。

閉じる前に面のポケットに当てて即送球。

といった感じでしょうか?難しそうですがスラッガーのグラブなら実現できてしまうんです!!

土手ヒモ抜きや湯もみ加工、少年用には手首かぶせ閉じなどスラッガーが編み出した仕上げ加工があります。スラッガー取扱店はこの工程(湯もみ)をクリアしたことで初めて店頭にグラブを置くことができるため、絶対的な信頼がある証となります。

最新最速アシックスゴールドステージ

 

 

『最新最速』を掲げるアシックスグラブはまさにスピード感を感じるシルエットになっています。

メジャーリーグで大活躍中の大谷選手が愛用していたり、侍ジャパンの公式スポンサーとしてもその存在感は日に日に大きくなっています。

アシックスのグラブの特徴は、『強い』『かっこいい』

やや肉厚設計のグラブにはかなりの安心感がありなにより耐久性に優れていると言えます。

内野手にはガチっとした、外野手、投手には軽量!!

というようにポジション別設計が魅力的。

また、上記のミズノプロと同様癖が少なく誰でも取りやすい型となってます。

先ほど紹介したミズノプロ、スラッガーのグラブと比べると(内野手比較)やや肉厚で指の芯材も固く厚めにできているため馴染むまでに少し時間を要するかと思います。

が、使い込んでも型崩れがない安心した使用感があるはずです。


 

自分に合ったグラブを見つけよう!!

 

 

いかがでしたか?

ただただ僕の好みを語る形となりましたね・・・(;’∀’)

今回紹介した3社のグラブが必ず皆さんの欲しいものにつながるかわ分かりませんが、グラブを購入する際の役に立つ情報になったのであれば幸いです。
購入後はショップでの型付けの依頼や刺繍加工などがあるのでしっかり対応できるショップを選ぶことが大切です。
ぜひお考え下さい(*^^)v

グラブは一生ものの価値があるあなただけのアイテムです。

慎重に選びましょうね(*^^)v

ミズノ オーダーグラブ 軟式グローブ グローバルエリートオーダー 2019 ミズノ オーダーグローブ 野球 軟式用 z-mglog-n1

コメント

タイトルとURLをコピーしました