オーダーグローブを作りたい。オーダーグラブを作るメリットとデメリットは?何がおすすめなの?

グローブ
スポンサーリンク

こんにちは( ^)o(^ )

突然ですが、みなさんは『自分だけのオーダーグラブを作りたい!!』

こんなことを思ったことはありませんか?

今回はオーダーグラブと既製品グラブの違いをお伝えしてみたいと思います!!

これからオーダーグラブを作りたいと考えているあなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

オーダーグラブは最高ランクのグラブなの?

 

はじめにオーダーグラブの『ランク』という部分についてお話ししてみたいと思います。

まず、オーダーグラブは最高ランクのギアと考えていいでしょう。

それは、価格から見て取れると思います。

だいたい定番品(カタログ既製品)と比べて基本価格が1万円前後違うことが多いです。

グラブのランクを決める上でやはり1番分かりやすいのは『価格』ですよね。

既製品よりも2割から3割り増しの価格となるオーダーグラブはやはり1番上のランクと考えていいと思います。

 

 

オーダーグラブと定番品の違いは?

 

なぜオーダーグラブは価格が高いのでしょうか?

まず、定番品というのはお店に行った時に見る店頭に飾ってある商品ですね。

決められた型、決められたカラーの中から完成品を選ぶというものです。

オーダーグラブの場合は『好きなカラーを選べる』『好きな型を選べる』『各パーツを選べる』というところが大きな違いです。

好きなようにカスタマイズできるのはとても嬉しいですよね(/・ω・)/

スポンサーリンク

オーダーグラブを作るメリットは?

 

ここが1番の肝の部分です。

なぜオーダーグラブがオススメなのでしょうか。

こだわりのグラブを作るべき理由とは何でしょうか?

 

・オリジナリティーを出せる                                   オーダーグラブで注文する場合は、各箇所を好きなようにカスタマイズすることができます。カタログに載ってなく誰も持っていないようなグラブを手に入れることができます! また、メーカーによってはオーダーグラブでないと選べない『ラベル』や、各箇所のオーダー専用オリジナル仕様もあります(ミズノプロなら『HagaJapan』刻印が入ったり、『Order』刻印が入ったり) あっ、あのグラブオーダーで作ったやつだ!って気づかれるのは嬉しいですよね!
・グラブの『質』は定番品よりも間違いなく上がる!         例えばカタログでグラブを頼んだり、店頭にあるグラブを購入するとします。そのグラブはいつ作成されたものなのでしょうか?お店に長いこと並んでるものかもしれません。カタログに載っているものを取り寄せたとしても『作り置き』してあるものがほとんどです。 つまり、定番品のグラブとは完成から一定期間過ぎたものだと考えていいです。 一方、オーダーグラブは受注が完了してから作り始めます。 使うレザーはもちろん、各パーツに使用される部品全てがフレッシュなもので組み立てられ、完成後はすぐにお客様に届けられます。 そしてほとんどのオーダーグラブは日本製であることが多いです!

オーダーグラブを作る上でのデメリットは?

 

・オーダーグラブの場合は本体価格が高くなる

先ほどもお話ししましたがオーダーグラブの価格は定番品に比べとても高いです。それにプラスして刺繍加工代がかかったり、オプション代がついたりして定番品よりもかなり高くなってしまった。というケースもあります。

 

 

・お渡しまでに時間がかかる

オーダーグラブの場合は、最低でも40日ほどはお渡しまでにかかります。メーカーによっては3ヶ月かかるところもあります。 ここは注文時にショップに確認してもらうようにしましょう。 思ってたよりも長くかかってしまった・・ とならないように。特にこの野球のシーズン中はなるべく早く手元に欲しいところですよね!

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

オーダーグラブを作りたい!

という方はショップに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

メーカーによって仕上がりまでにかかる時間や金額も様々なため、慎重に選んでください!

オーダーグラブは自分だけのオリジナルグラブに仕上がりますよ!

では( ・∇・)

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました